2006年12月31日
一番力がある自動車メーカーはベンツ!?
 売れ行き絶好調と言えばトヨタの自動車だけど、もしかしたら、それ以上にすごいのはダイムラークライスラーの「メルセデス・ベンツ」じゃないかと思うのですが。
 
 今ドイツでは二〇〇七年一月から付加価値税(消費税に相当)の税率が一気に三%上がるのを前に、猛烈な駆け込み消費が起きています。自動車や大型家電など高額商品を中心にクリスマス・年末商戦は絶好調。ただ、それだけでもないのかと思っています。

 なにしろこの1、2年で強烈なユーロ高・円安・ドル安になりました。つまり「ベンツ」の値段は、日本車や米国車と比較して、企業努力でどうしようもない為替の影響だけでも割高であり続けたわけです。しかも、日本車は世界が絶賛するコストパフォーマンスを持つ上に、円安という追い風。その日本車とシェア競争を行い、未だに高級車の領域ではトヨタも歯が立ちません。

 国際競争力があると言われている日本車メーカー。もしユーロのように強烈な円高に振れた場合でも安泰で入れるのでしょうか。韓国の現代自動車が日本車を標的に3年ほど前世界に進出したとき、日本車よりも低コストで質は悪くない仕様を見て、私は日本車は苦戦すると思いました。その現代自動車は、その後の韓国ウオン高で割安感が出ず、業績は低迷しているようです。

 私は現在の日本の好況は、実はたまたまの円安に支えられたもので、真の実力に裏打ちされたものではないのではと疑っています。たとえば日本の金融機関は欧米、東南アジアに再び進出しようとしていますが、国内でも特長を出し切れていないのに、現地で他国の金融機関と互して貢献できるほどのノウハウがあるのかなあと思います。
 今円安で体力があるうちに、自分の強みを強化するほうが大事なのではないでしょうか。不安だから、このままではじり貧だから、手を広げるという方法では行き詰まっていくのは目に見えています。そういう意味では、ベンツの姿勢は勉強になります。消費者が自分たちに何を求めているかを知り、そのために何が必要で、何を強化するか。もちろんトヨタなど他社の強みも理解する。ベンツがそうしてきたかは知りませんが、自分の強みを強化し続けてきたのは確かだと思います。

 
2006年12月30日
ええっ、そうなの??
 今「ダサイ」という言葉も古いのでしょうか?
 「ジーパン」とは言わず、「ジーンズ」という言葉も古く、今は「デニム」らしい。今まで私は使ったこともない。
「パンツ」と言えばズボンのこと(??)・・。パンツはパンツだろうに。ついて行けない。
乳母車とは言わないが、バギーとも言わない。ベビーカーでいいじゃないかと思う。
下着をわざわざインナーと言う。もっともびっくりしたのは「カップル」。アベックというと年がばれるらしい。

 良いものは良いと昔の歌ばかり歌う(新しい曲は覚えられない)私は、流行は繰り返されるものと信じる。
いつしか、ハンガーを「えもんかけ」、ベルトを「バンド」、サンダルを「つっかけ」というおっさんが、「ナウイ」と見直される日が来るのではないだろうか。

 ところで、ホワイトカラーの労働時間の規制除外制度は教育問題と同様に大きな問題ですね。私がサラリーマン時代、管理職に昇格し残業時間がつかなくなって月の収入が激減したことを思い出しました。残業代は生活費の完全な一部になっていましたし、残業代により管理職以上の収入を稼いだ時もままありました。その残業代が減る、無くなるは死活問題である該当者は多いでしょう。どうして急にこんな神経質な話が持ち上がってきたのか、論点整理する時間が必要なのではないでしょうか。
 おそらく経営者側から見て腹に据えかねる、従業員のひどい残業代請求の実際があるのではないかと思います。教育問題が注目されて良かった点は、確かにひどい先生もいるけど、ひどい親もいるし、子供もいるということが、報道でわかり、第三者から見て自分はどうだったかを確認する機会になったことです。「人の振り見て我が振り直せ」。
 今回の残業代の件も、経営者側、従業員側、双方が現状の問題点を具体的に示し、世間の常識から見て、何を見直したらよいのかを議論する機会を持ったほうが良いのではないでしょうか。残業が経営者側にも、従業員側にも、必要な仕組みであれば、存続させるには「何を大事にすべきか」という視点が大事だと思います。
 法律で決めて有無を言わせないという上から押し付ける対応で、実際の現場が回るのかなと懸念します。

 
2006年12月29日
少しずつまた外債投資のタイミングが近づく!?
 最近の円安傾向で新規に外貨投資を行うには、つまらない日々が続いておりましたが、ここに来て長期金利が少し上昇してきました。たとえば米国10年国債利回りは、12月初めの4.4%が昨日は4.7%程度、2ヶ月前の水準まで戻ってきています。
個人的には4.75〜5%目標、5%を超えると魅力という、水準のイメージを持っています。

 来年は米国景気減速を背景に政策金利を早々に引き下げるという見方が多いですが、これだけ株式が堅調で、一時よりも原油価格も落ち着いている、心配された不動産物件価格も底割れするほどの下落リスクもない、となれば、金利引き上げを再開することはないにしても、「次回金利をいじるとすればむしろ引き上げ」と「市場の金利引き下げ期待」が否定される機会が春先までにあるのではないかと思っています(果たしてそうなるでしょうか?私の浅い考えです)。
 そうなると、現在の短期金利のシンボルである政策金利FFレート5.25%の水準が意識され、私が魅力と考えている米国10年国債利回り5%以上が十分あり得ると考えています。

  円高に振れた場面ではこつこつと外貨を押さえ、5%以上の金利を狙う私の方針は来年も変わりません。

 
2006年12月28日
時の流れに身をまかせ・・!?
 昨日は、というよりも今朝早くまで身内の忘年会を行っていました。その日のカラオケは「吉田拓郎」が大流行(はやり)。いろいろなテーブルから吉田拓郎の曲を歌う人が立ち、その度に「吉田拓郎の曲はいいねえ」という声が上がりました。「あー、これもいいねえ」、「そう、これがいいんだよ」と。

 バブル時代に誰もが耳にした「テレサ・テン」の曲も、こういう場になると懐かしく、女性で歌ってくれる人はいないかと期待していたのですが、結果聞けたのは「中森明菜」の「禁句」ではなかった、「禁区」でした。これはまたこれで良かったのですが。

 ところで、12月初週の1ドル115円割れから反転して始まった円の全面安の流れや、17000円台乗せしても未だ先高期待が残る日経平均株価の今後はどうなるのでしょうか?相場は現在あるべき水準を見失っている状況にあり、「まだあるのかもしれないし、ないかもしれない」と、取り敢えず流れについて行きましょうという感じです。そして現在のところ、「来年も当面は円安だ。株高だ」と投資する人の方が多いという結果が最近の値動きを形成しているのでしょう。

 テレサ・テンの名曲「時の流れに身をまかせ」に習って、大勢がわからないときは逆らわず、「利益があれば一部確定する」、「損失を抱えているときは無茶な行動は慎む」、「ポジションを持っていなければ第三者として、割安になる機会を楽しみにする」というスタンスが良いのではないでしょうか。

 
2006年12月27日
来年は益々個人のお金が当てにされる!?
 日経平均株価は「新しい年は株高から始まる」という期待感から17000円台。来年の5月から外国企業による日本企業の買収・合併が容易になるため、「対象になる企業はどこか」と物色する目があちらこちらに。「新日鐵」や「武田薬品」でさえ対象になるのであれば、日本企業すべてが対象になっていると言っているのも同然。
「こりゃ、買わなくちゃ」という感じ。

 一方、本日新聞報道では、銀行による不動産ファンド向けの融資が急増していて金融庁が警戒しているという記事があります。現在の不動産市場のビッグプレーヤーは不動産ファンドであり、彼らの存在が市場に安心感を与えています。
大量な不良債権を作り出した元は、85年から90年の短期間に銀行が融資競争を繰り返し増やした80兆円という融資でした。金融庁が心配するのは、直接自分で査定して融資するのと、不動産投資する先に融資するのと、形式に違いはあるものの、同様にリスク管理ができているのかと懸念しているようです。金融庁が指摘するぐらいなのですから、中には危なっかしいところがあるから注意喚起しているのでしょうが。

 銀行よりも積極的な融資をしていたノンバンクはどうでしょうか?こちらは融資以前に尻に火がついていて、すでに新規融資には慎重になっていると聞きます。銀行・ノンバンクなど国内金融機関のリスクマネーへの投資スタンスは慎重へと転換したと私は思います。

 今までお金を出してくれたところが新規融資を渋り、しかも返済を求めてきたらどうなるでしょうか?お金を作らなきゃいけません。しかし投資しているものが不動産です。すぐに換金できるものではありません。どうするか。金融機関・ノンバンク以外からお金をその分調達するしかありません。外人投資家と個人投資家です。

 冒頭に上げた企業の買収・合併に必要な資金もファンドが主体です。有象無象、大きなファンドもあれば小さなファンドもあり、玉石混淆。こちらも機関投資家の解約に伴い資金調達に窮するとこもあると聞きます。

 「えっ?これを個人向けに案内するの」と思うような投資対象のファンドをこれから目にしたら、一度疑ってみてください。
「ははァ〜ん。大口投資先の解約が出始めているんだな」と。その上で、投資するかどうかを検討しましょう。
大口投資家が見切った後に投資価値が暴騰し、「何で個人はこんな高い水準で買うんだ」と最初は呆れて見ていて、結局もっと高い水準で慌てて買い始めることはよくあります。大口投資家の判断が絶対というわけではありません。大事なのは理解して買うことです。
 個人的には先が読めないときに敢えて投資するならわかりやすいもの。「Simple is Best」です。
 
 

 
2006年12月26日
「この雰囲気ってまずくない?」と言えない雰囲気??
 来年の投資環境の阻害要因はやはり政治の不安定だと私は思います。社民党、共産党は全く存在感がなく論外なのですが、自民党も、民主党も、おそらく公明党も、「この雰囲気ってまずくない?」ってみんな感じているけど、口に出すのが怖いという状態ではないでしょうか?

 安倍内閣の空回りの結果が前原民主党が追い落とされたように、「選挙に勝つならなんでもする」という政権担当能力のかけらもない「言い放し」の政党に自民党までもなってしまったら、と思うとぞっとします。

 これまでの5年間、国民、企業は国に期待もせず自助努力で頑張ってきました。そしてやっと結果らしきものが出てきてこれからというときに、今まで積み上げてきたはずのことを「重要でなかった」という。これは納得いくものではありません。

 安倍首相は、向こう5年中期方針案で「名目成長率3%なかば以上」という高い目標を掲げました。しかし、それは何を根拠にしているのでしょうか。目立つ数字を上げて、「国民に発破をかけ、士気を上げたい」という意味でしょうか。少なくても小泉政権の時は「そのためにはこれが必要です」と課題を国民に明確にしました。
たった3ヶ月ですけど、されど3ヶ月。利権を守ろうとする議員の顔色が良くなっています。明らかに「安倍政権組み易し」。成長の源は、誰かさんのポッポに入って吸い取られ、日本の成長が蝕まれることになりはしないでしょうか。「安倍首相が順調です」と繰り返せば繰り返すほど、実感とズレがあり、不安になります。

 危機感を持った議員は、党を離れて安倍首相をフォローできないものでしょうか。このまま「これってまずくない?」と回りを眺める無責任を決め込むのは国民への裏切りだと思います。

 政治が不安定な国に投資しようとは誰も思いません。「美しい国作り」の前提は政治の安定があってこそだと思います。

 
2006年12月25日
当たってしまいました??
 ついに自分もかと思いました。土曜日のプログを書き終え、家族でクリスマス会を兼ねて昼食に向かったのですが、食欲がわかない。胃が重い。手足が冷たくなって、熱が出そうな雰囲気。嫁さんは薬屋に飛んでいき、「これなら大丈夫」と液状ソルマックを差し出す。一向に状態が良くならない中、せっかくだからとメインディッシュだけは口にしたけど。

 だまし、だまし運転しながら帰途に。子供たちは「サーティーワン」アイスが食べたい」というから立ち寄ると、とてもアイスクリームをオーダーする気にもなれず、しかも熱が出てきた。家族も心配し、寝床に潜り込みました。ひどい寒気で「お父さんは大げさ」と子供たちは笑い出すが、それにも答えられないぐらいこちらは深刻でした。

 翌日家族から「もしノロウィルスだったら」家族はしばらく外出禁止になると、「このまま医者に行かないで済ませるのか」という厳しい監視の下、病院に行ってきました。点滴を受け、薬をもらい、夜には久しぶりの食事にありつきました。一体、何に当たったのだろう。前日は健康に気を遣った「いわし料理」だったのに。そんな、こんなで、「ノロウィルス」の疑いは晴れてホッとした次第です。

 お腹がグルグル回り、うつろになった目で読んだ本があります。以前紹介しました、私の中学校同窓であり、大和証券で日本株式のエキスパートで鳴らした鈴木一之氏が最近、日本経済新聞社から出した「有望株の選び方」という本です。

 株式投資をすればお分かりのことですが、今ある位置が相場の3合目なのか、8合目なのかの見当がつけば、「まだこれかもいけるぞ」、「ここから慎重にしなくちゃ」と大きく損をすることを避けることができますね。この本には、その知恵が載っています。そしてこの本には、チャートで儲ける方法の解説は一切ありません。純粋に有望株を選ぶモノサシを提示しています。
 この本に適した人を敢えて言えば「今まで株式投資をなんとなくやってきたけど、原点に戻って勉強してみたい」と、これまでのやり方に迷いがある人に光を当ててくれるかも知れません。

 私はこの本を宣伝することで、何一つ物理的に良いことはありません。ただ純粋に株式が好きでここまでやり続けている鈴木一之氏の知恵は多くの人のヒントになると思い、ここで紹介しました。立ち読みでも、盗み読みでも、興味のある方はお手にとって内容を確認してください。

 私は読んで、すごく為になりました。

 
2006年12月23日
日興社長・会長辞任という観測報道を受けて!!
 日興コーディアルグループの不正会計処理の責任を取り、経営トップが辞任する方向で最終調整に入っていると報道がありました。「経営トップの辞任で事が済むのか」という声も当然あると思うのですが、事を重大に受け止めている姿勢を投資家に示すためには避けられないと私は考えます。もし「職務を全うするのが私の責任」とそのまま居座ってしまえば、「反省が見えない」、「他人事」、「事の重大さを受け止めていない」など、世間の非難する声は更に高まり、顧客の信頼が離れていく懸念があります。

 今回の件で私も日興コーディアルの社員の方とやり取りしましたが、皆さん困惑していました。「申し訳ない」という気持ち。「証券会社として恥ずかしい」という気持ち。「情けない」という気持ち。今回の件が顧客のトラブルなど「現場」から発生したものではなく、現場が全く関知していない組織のトップで行われた行為で、心配する顧客からの問い合わせを受けても、「ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」と謝る対応しか出来ないからです。

 経営責任を取り、事実を明確にして、世間が「さすが日興コーディアル」と今後に期待してもらえる迅速で、わかりやすい、今後の対応を期待したいと思います。

 

 
2006年12月22日
去年の今頃は!?
 去年の今頃は「来年はきっといい年になるんだろうな」と漠然と思っていました。
2月のトリノオリンピック。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。6月のドイツサッカー・ワールド・カップ。そして10月にはバレーボールの世界選手権もありました。眠れない夜を過ごしました。盛んな宣伝で、薄型テレビがテレビの主流に代わり、長時間録画で編集作業が楽になったHDDレコーダーが注目されました。ワンセグの携帯電話。携帯電話の番号ポータビリティも10月に解禁され、携帯電話の新規需要の喚起が期待されましたが、今のところは期待に添う結果にはなっていないようです。
 いずれにしても、2006年は2008年北京オリンピックに向けて大きな一歩を踏み出す時と期待されて始まりました。

 今年前半はイベント続きで、ムードに踊らされ、何となく華やいで過ごして来ましたが、現在は打って変わり、妙に自分だけ取り残されたような淋しさを味わっているような風です。戦後最長のいざなぎ景気を越え、日本が豊かになったという話を聞けば聞くほど違和感にさいなまれ。毎日繰り返される報道は、心の貧しさを印象づけられるものばかり。

 別に心を暗くして来年に臨むことをよしとはしませんが、来年は現実から目をそらさず、今まで積み残したことを一つずつ解決していく強い気持ちを持って対応しないと、当初期待していた2008年以降の新たなステップを実現するのは難しいと私は考えています。来年は大事な年。来年の後半には「2008年は素晴らしい年になる」とワクワクできるように、今までやってきたことに磨きをかけたいと思います。新年までまだ間がありますが、皆様のご多幸をお祈りいたします。

 
2006年12月21日
安く買えたのが、かえってアダに!!
 昨日、外貨投資の結果はここ数年間、円安と高金利の両方を享受する「いいとこどり」になったと書きました。

 すると、こんな電話がかかってきました。
「前川さんは、ドルの117円前後でも、外貨投資を行う意味があると書いていますが、私はもっと円高があるように思うのですが・・・」。

 私はお話ししました。「為替の先行きはだれにもわかりません。ただ為替が円高になったときに外貨投資をやろうと思っても、その時点では「今が一番円高」であるとはわかりません。円高が進めばもっと円高があるのではと期待し、円安になっていくと、もう一度円高に振れたら買おうと待ってしまいます。特にたまたま円高で投資できた人は余計それよりも円高で投資したいと願いますから、その後なかなか次の投資に踏み切れません。そしてかなり円安が進んでしまい、こらえきれなくなって円安の極み近辺でつかんでしまい、自分を後で責めるケースをよく見かけます」。

 すると「そうなんです。私も一昨年にたまたま良くもわからずドルに投資したのが106円台でした。それから何度もドルに投資しようと考えていたのですが、そのたびに「もっと円高になる」という話を聞いて様子を見ています」

 その人は2年間に及び悩んでいるそうです。最近の円安傾向に焦っているようです。そして、ここで外貨投資をするのに、思いっきり躊躇しているようです。
私は答えました。「誰だって円高の時点を適格に当てることはできません。ただ、過去の推移をみてください。為替は1年間に15円程度は円高になったり、円安になったりします。つまり円高を捉えるチャンスは、これからもいくらでもあります。慌てないでください。それに為替はドルだけじゃありません。ユーロだって、豪ドルだって、あります。これらの通貨も同様に、同じく変動し、やはり円高を捉えるチャンスがあります。ドル以外にも注目して外貨投資の選択を広げてみてください」
 「それから私は外貨投資をするときには必ず、「この後もっと円高に振れる場面がある」と思って投資しています。実際円高に振れたときはラッキーと思って、追加投資をするかどうかは別にして、追加購入するという選択肢を持っていると気持ちが楽になります。「今が絶好の時」と自分にプレッシャーを敢えてかけるやりかた避けたいものです」

 この方のように円高を期待していた人で焦っている人もいるでしょうが、ここは冷静になりましょう。「寄せては返す波しぶき」。ここにきての円独歩安のピッチは速すぎます。いずれ円高に振れる場面があるでしょう。しかし、だからといって、極端な円高があるわけでもないと思います。外貨投資を検討している人は、円安になっている今のうちに、「次回このぐらいまで円高水準になったら外貨投資を検討してみよう」と具体的に考えておくことをお勧めします。

 円安の時も、円高の時も、穏やかに投資と付き合いたいものです。

 
29件中(1件〜10件を表示しています)   前   |