2007年07月31日
やはりダブル、阿倍首相と細川元首相!?

 以前ですが、このブログであっさり首相を降りてしまった細川元首相と阿倍首相がタブって見える話を書きました。当時は、なんて無責任なお坊ちゃん、殿様首相だったのかと世間から非難の声があがったと記憶しています。おそらく昨日、阿倍さんが辞任を発表していたら、同じ世間の反応があったのではないでしょうか?「あれだけ言っておいて無責任だ」と。つまり阿倍首相にとっては「去るも地獄、残るも地獄」。しかし人の噂も75日、阿倍さんにとっては辞任する方が気分的には楽なのだと思います。「阿倍さんの顔で選挙が戦えるのか」。そんなことをまだ言っている、自民党政治家の危機感、緊張感のなさにはびっくりです。「顔を替えたぐらいで、自民党への不信が拭えると思っているのか」。パフォーマンスではなく、山積した課題を解決していく本気度、覚悟が見えてきません。
 阿倍さんに後はありません。今回の内閣は、「改革を推進するにはこの人しかいない」という、誰が見ても納得する顔ぶれでなければなりません。今回の組閣人事でまず本気度が試されます。
 阿倍さんの顔をすげ替えただけで「禊ぎ(みそぎ)、心機一転」と言い放つ常識のない、世間の常識を理解できない「新生自民党」であれば、おそらく間違いなく、今度こそ国民の信認を失うでしょう。それは今後の日本を実績のない民主党だけに頼らざるを得ない国民にとっても不幸な結果です。
 ここはどこの党という事ではなく、政治家として国政に危機感を持って当たっていただきたいと切に、切に願います。
 これまで好調に見えた景気も様子がおかしくなりかけているようです。今までは政策の停滞があっても景気好調で救われてきましたが、政治家が将来の日本の足しにもならない小さな権力闘争にうつつを抜かしているようでは日本の存在感、存在意義はどんどん小さくなり、ますます世界から取り残されることになりはしないかと心配になります。日本にそんな余裕があるのでしょうか?ここは阿倍さんを先頭に自民党に、怒りを持って期待します。次はないと危機感、緊張感を持って本気を見せてください。


 
2007年07月30日
勝たせすぎたと言わせない民主党の今後!!
 私が時々政治についてブログに書くのは、投資環境、相場動向に政治のゴタゴタが影響を与えるからです。政治が良好であることが直接材料になり相場が良くなることは余りありませんが、ゴタついた政治を見せられては投資家が積極的に投資する気にはなれません。
 そういう意味では、不安定な現在の政治状況が今後安定する方向に進むのか、更に混沌とするのかで、今後の株式相場、為替相場に投資家が安心して入れるか、引き気味の慎重な対応になるかが決まります。
 小泉衆院議員選挙の大勝後「自民党を勝たせすぎた」と国民が後悔した自民党のように、民主党がならないことを切に望みます。今後の国会で、ただただ選挙戦術を労して解散選挙に持ち込むための民主党の姿を見せつけられては、国民は自民党もダメ、民主党もダメと政治に失望を通り越して怒りを感じるでしょう。自民党は信頼を回復する最後のチャンスです。政治家の危機感を見せてください。安倍さんが首相を続投するかどうかに興味はありません。国民が納得する政治に真摯に向き合うことを求めています。未だに党内人事の小さいことにこだわっている自民党の危機感の薄さは残念としか言いようがありません。どうしたら目が覚めるのでしょうか。いつ目の曇りが取れるのでしょうか。その分、民主党には期待をかけざるを得ません。今回の躍進は誰が見ても自民党の敵失によるもの。この期待を裏切ったら、民主党政権与党の道はないでしょう。是非踏ん張りを期待したいと思います。
 本来であれば為替の方向は日本の危うさを受け円安になるところですが、通貨円の主導権は残念ながら現在日本にはありません。参加者の迷いが反映し、円の方向は定まらず、円は独歩安、独歩高に頼りなく揺れ、通貨円の動きはおもちゃにされそうな気配です。これまでどおり、円高場面ではコツコツ外貨を拾っていきたいと思います。

 
2007年07月28日
神様がくれたタイムスリップ!!
 「あの時に戻れたら」と誰もが一度は思うこと。為替は米ドルにとどまらず、ついにユーロやポンド、オセアニア通貨など広範に円独歩高になりました。およそ1ヶ月から3ヶ月前の円高水準に戻りました。日経平均株価も約3ヶ月前の株価水準。
 この間円安に喜んだ人、慌てた人。株高に喜んだ人、慌てた人。現在は悲喜こもごもだと思いますが、相場は実際元に戻されました。「あの時売って少し利益を確定しておけば良かった」、「あの時調子に乗って買い増ししなければ良かった」と後悔している人もいるでしょう。逆に「あのとき買っていないことに非常に後悔した」、「せめて17000円台では●●ぐらいは投資しておけば良かった」など反省があったかも知れません。また現状を「やはり自分が感じていたように、相場は行き過ぎていたんだ」と捉える人もいれば、「やっと妥当水準に戻ってきた」と捉える人もいるでしょう。
ここはせっかく株価や為替の大きな上下を経験したのですから、今後に活かしましょう。神様がわざわざ作ってくれたタイムスリップだと思います。

 昨日、書き込みいただいた「Werder Bremenさん」ありがとうございます。私は先日のブログで書きましたように為替は米ドル中心に考えています。これは米ドルが安全、安心というわけではなく、米ドル資産を除いて分散投資を行うのは不自由だという事実からです。それだけ米ドル資産は運用に欠かせない役割を果たしています。そして米ドル資産を持つことによって、米ドル資産の頼りなさも感じることができます。そこでその補完として「ユーロ」、「英ポンド」、「豪ドル」を同時に持つ必要性を強く感じています。正直、ユーロや英ポンドの最近の強さに戸惑いがあり、実際重宝している通貨は「米ドル」と「豪ドル」でした。しかし、常にユーロと英ポンドの動きは注目しています。

 南ランドやメキシコペソなどの高金利資源国通貨に強く興味を引かれる人がいますが、私が国際分散投資をはかる意味は円以外の資産で安定した資産ポートフォリオをつくることですから、たとえ金利が高くても換金性や情報収集が困難な通貨は対象からはずしています。もしそういう通貨に投資する目的であれば投資信託を利用することになるでしょう。15年前の豪ドルは今思うと、現在の南ランド建てとさほど変わらない位置だったかも知れません。注目している通貨ではありますが、私の中では様子を見ています。

 今回の一連の流れで信用リスクに対して慎重な流れになるでしょう。したがって借りてまで投資を行う人が減ったり、リスクに敏感な投資家が抜けたり、利益確定して様子を見る人が増えるため、参加者自体が減るので(相場の揺り戻しはあるかもしれませんが)、当面は大きな上昇トレンドになりにくい環境に入ったと個人的には思います。短期的な利益を狙う人にとっては物足りない相場になりますが、中長期投資で考える人にとって「思わぬ拾いもの」があったり、じっくり自分の投資スタイルにあった資産を組み込む猶予があるなど、チャンスだと思います。ここはTake it  easy。投資はやらなくちゃいけないものではありません。やっても、やらなくても本人次第。やるからには楽しんでやりましょう。

 
2007年07月27日
投資先は大丈夫かと疑心暗鬼に!!
 やはりサブプライム問題は根が深い。サブプライム問題ではっきりしたことは、安心な投資先だと思ったところがリスクを多く採っていた運用だった事実。これまで好調で喜んでいた自分の投資先も似たようなリスクを抱えているのではと不安が広がり、安全資産にお金が逃げ始めたこと。そして、出口はそこそこ大きなものでいつでも逃げられると安心していたら、逃げようと動いた人数が余りに大きく、出口があっという間に人で溢れ、気がついてみると外に出られないかも知れないとパニックになっている人がたくさん回りで右往左往している。そんな状況が今の相場環境でしょうか。

 昨日は、これまでの円独歩安が嘘のように、パニック的な円独歩高に。やはり投機的な円売りがかなりの額に積み上がっていたし、また円買いを新たに仕掛けた人の回転が効き始めているようですね。この一週間で、米ドル122円台から118円、ユーロ169円目前から162円、英ポンド251円から241円台、豪ドル108円目前から102円、NZドル98円目前から92円。現実を受け止めるのに時間がかかる人もいると思いますが、投資を諦めず、諦めていた水準で新規投資が出来るチャンスと考えて、自分の投資スタイルにあった選択肢を立ち止まって考えてみる時期にあてていただきたいと思います。振り出しに戻り、過去を反省し、今度はもっと楽しんで投資しようではございませんか。

 
2007年07月26日
これが入っているから買いたくない!!
 スーパーの菓子パンコーナーに行くと、4つぐらいのパンがひとつの袋に入れられたお徳用セットがあります。いつも迷うのですが、その中には必ず、普通に選んだら買わないだろうパンが入っているため、実際買うことはありません。これが違うものだったら買ったかもしれない。確かにひとつひとつを選んで買ったらこちらのセットのほうが安いのは分かるけど。そんな経験、おありではないですか?

 資産分散型ファンドは既に分散投資が行われていて便利なファンドではありますが、パンのセットものみたいなところがあります。投資環境によっては、これには「投資したくないよ」というものも入ってしまいますし、「これをのぞいて」と勝手なことも言えませんし、言っても聞いてもらえません。だったら、自分で選んで買った方がいいというのが私の基本的な考え方で、ついつい資産分散型ファンドの評価を厳しくしてしまいます。

 本日、ある運用会社のファンド説明会に参加しました。私の評価が厳しい、やはり資産分散型ファンドです。外債、内外株式、内外リートに投資するものですが、それぞれの投資対象で実績のある運用会社を、その運用会社がプロの目で選別するというものではなく、すべてその運用会社の既存ファンドを組み込むものでした。私は質問しました。「全て同じ運用会社が運用している形になっていますが、これはどう理解したらいいのですか?」と投資家から聞かれたら、どう答えたら良いのかという質問です。きっと言うだろうなあと思った答えが返ってきました。
 「同じグループのものですから、普通よりもコストが安くなり、投資家に有利になります」

 運用会社がコストを下げる努力を行い続けるのは当たり前だと思います。運用会社は実績で勝負すべきです。「コストが安いから良いファンド」と言うつもりではなかったと思うのですが、運用を担当するファンドの実績で評価した結果だと、優秀さが投資家に理解できるように説明してくれることを期待しました。特にグループのファンドを主体に運用するファンド・オブ・ファンズの場合は、投資家よりもグループに利益を落とすことを優先したファンドという先入観を投資家は持ちやすいものです。本日運用会社の方からいただいた説明は正直がっかりでした。運用会社の人は、「自分が紹介するファンドがいかに優秀なファンドで、是非この点だけは知って帰ってもらいたい」と熱く語ってもらいたいのです。ファンド説明会は投資家と運用会社の距離を一気に近づけることができるかもしれない大事な、そして貴重な機会だと思います。その熱意が伝わりませんでした。残念です。

 
2007年07月25日
逃げれば追いたくなり、向かってくれば逃げたくなる!!
 不思議なものですが、あれほど買いたいと思っていたものが今まさに手に入る寸前までくると「まだまだ」と躊躇し、「えーい、やめた」と決断したはずなのに高くなれば「買っておけば」と後悔する。
 ついに米ドルは120円の大台を割り込みました。他の通貨を見ても、先週の水準とは絵が違って見えます。日本の株価も、今週末の参院選投票結果待ちで上がる雰囲気はなし、もしだらだらと下げ17000円が見えたら買ってもいいかなと考えていた人も、いざその水準に近づくと何となく慎重になっている。

 下げるには理由がある。「サブプライム問題は結構根が深い。今後どんな影響を相場に及ぼすかはわからない」とか、「ヘッジファンドが大きな損を抱え、穴埋めのために利益の出ているものを売っているらしい」とか、「日本株でやられている個人投資家が外国為替証拠金取引の利益を確定して資金を作っているらしい」とか。いろいろなうわさ話が確定した話であるかのように耳に入ると、どうしてよいかわからず、パニックになっている人が少なからずいらしゃるのではないでしょうか。もし当初決めた目標に近づいたら、「冷静なときに判断したことは意味があるもの」として実行をすることをお勧めします。「買った後すぐ下がるのは当たり前」と、下がったとしても受け止められる投資金額であるかだけを自分の中で確認しましょう。
 下がっている最中に買うのはしんどいことです。何故なら底で買うこと自体無理な話で、必ず底をつけるまで耐えなければならない時間があるからです。上がっている最中に買うのはある意味で簡単です。買ってすぐ儲かるかもしれません。しかし上がり方がきつければそれだけ天井をつける機会が早く来て、売り時をのがすと大きな損を抱えてしまうことがよくあります。
 「安く買って、高く売る」能力に自信のない人は、上がっている最中に投資するのは慎重にして、「ここまで下がったら買い」的な待ち伏せをして、値上がりする時期を楽しみにするやり方をお勧めします。
 したがって、今回のように目標まで下がってきた機会をチャンスと捉えて投資した方が良い人が多いと思います。ここがチャンスだというつもりはありませんが、「目標にしてきたところに近づいてきたけどどうする?」と買うにしろ、様子を見るにしろ、後悔しないように自分と対話してみてください。投資と上手に付き合うひとつの方法です。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年07月24日
「まさか野村が」と中味を見ると!!
 毎週水曜日ごとに「円高に振れました」、「円安に振れました」、「円高に振れました」と為替の様子を伝えるぐらい、大きな上下の動きが小刻みになってきました。円が相対的に安くなりすぎたため、「まだまだ安くなる」という見方と「そうは言ってもピッチが速過ぎる」という見方と交錯して、水準に迷いが出ているように思います。妥当値がわからなくなっているということは、思いの外良い値で売れたり、買えたりする可能性があるということですから、ワクワクとそのタイミングを待ちたいものです。
 ところで先日、仲間から「野村證券が日経平均株価参照のリスク軽減型投信を取り扱いますよ」と知らされました。この投信は日経平均株価がいくら以下にならなかったら元本が確保されるけど、それを超えて下がったら元本割れの可能性がある仕組み商品。決して元本確保が保証されている金融商品ではないのですが、「元本確保というネーミングの安心さ」と「株価上昇の恩恵も受けられるという魅力」につられ、主に銀行の売れ筋投信でした。しかし株式投資に不慣れな個人にとって、この商品の仕組みを理解するのは困難だという見方も多く、販売時におけるリスクの説明責任が重くなる9月からの金融商品取引法の施行後、この種の投資信託が引き続き売れ筋商品であり続けるかどうか、疑問に思っていました。その矢先、しかも野村證券がこの時期に取り扱いを始めると聞いて意外に思ったわけです。
 しかし内容を見ると、日経平均株価18000円を基準にすれば、ここから25%(13500円)を超えて値下がりしなければ元本確保、株価水準を問わず約年4.3%の分配金を受け取ることが出来る。一旦25%を超えて下げた場合は日経平均株価に連動するインデックス投信になるが、償還までの2年間のうちに日経平均株価が当初の18000円を超えたら値上がり益が享受できる。勿論約年4.3%の分配金は変わらず手に入る。
 「この先、日経平均株価が大きく上昇するとは思わないけど、13500円を超えて下落することも考えにくい。もしあったとしても、再び18000円程度までの戻りはあるだろう。したがって元本を大きく割り込む可能性は少ない。それでいて年4.3%程度の分配金が入るなら投資する価値はあるかな」と、もし思える投資家であればこの条件は悪くないのではないかと感じた。
 興味ある方は是非、かつての銀行から出ていた同種の投資信託の条件と比較して見て欲しい。この野村の条件はまともだと感じる人は多いのではないでしょうか。その時々の環境で、条件の良し悪しがあってしかるべしだと思う。だけど・・・。野村證券だから、この条件を引き出せたとしたら、運用会社が相手を見ていたのか、それとも銀行がコミッションを多く取っていたのか。それとも野村證券だからなのか。野村證券だからだと思いたい。
 

 
2007年07月22日
お父さん、これは安売り用に出来たものだよ!!
 先日家内と買い物に行って、翌日のパンの買い付けをまかされました。体のために菓子パンはダメと言われているのですが、ついつい値段に惚れて特売の菓子パンを買い物かごに入れました。かごの中味を見て家内は、「値段にだまされてはダメ。最初に値段ありきで特売用に作られたパンばかり買っているじゃない。形が小さかったり、あんこが少なかったり、調整をしているんだから、むしろ割高なものが多いんだから。値段で迷うなんて、お父さんはまだまだねえ」とケチョンケチョン。最初から値引きを前提に作ったパン。もし家内の言うとおりであれば、元の値段はなんだったのか。消費者をバカにした値段設定だとぶつぶつ言っていたら、「あなたに見る目がないから自業自得よ」とバッサリ。シュンとしました。

 そして本日、カブドットコム証券の広告記事。カブドットコム証券の投資信託全154ファンド234本のうち、ノーロード(手数料無料)67ファンド109本。手数料が安くなること、無料になること自体は投資家にとって有り難いことです。しかしこれまで手数料を取っていたところが、急に、あっちでも、こっちでも、「うちは手数料負けますよ」、「うちは手数料をとりませんよ」と言い出すと、今まで取っていた手数料にどんな意味があったのかと疑います。「よーく考えてみたら、大したことができなかったので、これからは取りません。申し訳なくて今後は取れません」ということなのでしょうか?

 私は何度もこのブログで申し上げていますが、手数料に見合ったサービスを行えていれば文句はないのです。投資家が手数料に見合ったサービスを実感できていないから文句が出るのです。そんなに期待されても、そんな付加価値を提供するほどノウハウはないので手数料は取りません。だから許して。そういう品揃えだけして、「後は投資家の自己責任で選んで」という金融機関はプロの看板を下ろした方がよいのではないでしょうか。投資は購入したら終わりではありません。その後の価値の値動きと付き合っていくための投資家フォローが金融機関に求められています。最初の手数料を負けてもらうことが、そんなに投資家にとって有り難いことなのでしょうか。電気製品と同じように、車と同じように、その後のメンテナンスへの気配りが金融機関に求められているのではないでしょうか。安売り用の金融商品を買わされた投資家はメンテナンスも期待できず、投資で新たな不安を背負い込むことになりかねません。
 手数料が高いから、貯蓄から投資への流れが停滞しているのでしょうか?手数料を負けることが投資家を増やす解決策だと、恐らく金融機関側も考えていないと思うのですが。そうでしょ?まさか??

 
2007年07月21日
私が米ドルを中心に考えるワケ!!
 私のプログをずっと見て頂けている人であれば、不思議に思っている人も多いと思うのですが、私の投資のモノサシは常に米国の金利、米ドル為替に置いています。「米国の繁栄は長続きせず、米ドルはいつか暴落する」という人もいる中で、何で米国金利、米ドルなのかと。ユーロや新興国通貨には興味・関心はないのかと。

 私が外貨投資を行う意味は、円だけの資産でよいのかという備えと相対的に日本の金利が低水準であるからです。したがって通貨円に不安なく、金利が4%、5%の確定であれば、あえて外貨投資をする意味はないと考えています。
 それでは何故米ドルなのか。米ドルの不信から、ユーロや英ポンド、資源国通貨に資金が流出しているのは現実ですが、それは米ドルがそれまで圧倒的な存在だったからこぼれているだけです。もし米ドルの先行きが不安だからといって、米ドル以外の資産で投資をしろと言ったら、運用担当者は途方に暮れるでしょう。ユーロに期待が強いからと言って、米ドル資産をユーロに全て切り換えることは現実的ではありません。もちろん、元やルーブル、ランド、ペソは受け皿にはなり得ません。それぐらい、今でも米ドルの存在は大きいものです。米ドルはなくならないことを前提にすると、最弱通貨円と同様に人気のない米ドルは良い組み合わせ。米ドル以外の他通貨は円に比べて近年大きく値上がりをしていますが、米ドルとの動きは緩やかです。値動きが小さいのです。
上がらない分、大きく下がることもありません。つまり米ドル・円は為替変動リスクが小さく、海外との金利差を確実に享受できる可能性が高い組み合わせということではないでしょうか。
 私の外貨投資のスタンスは、円よりも確かな資産で高利回りを確保することであって、為替の値上がり益を優先しているわけではありません。

 痩せても枯れても、米ドルは今でも基軸通貨。基軸通貨を持つ国の金利動向に市場は注目します。米国金利が上昇基調であれば市場も上昇基調に、下落基調になれば下落基調に、時間の差こそあれ、同じ動きを示す傾向があります。したがって、私は米国金利に注目します。

 昨日はまたサブプライム問題の今後の影響が不透明であるため、市場はリスク資産から安全資産に逃避し、米国10年国債利回りは再び5%割れ、米ドルは121円を割り込みました。しかし注目されているサブプライム問題は米国のみならず、大小はありますが、どこの国も似た問題を抱えているのではないでしょうか。世界の同時不動産高の現象の背景には、過剰な、そして無理な貸付実態があったのではないかと疑っています。つまり米国は注目されているからまず見つかっただけで、同様な問題が各国で起こる可能性を考えておかなければならないと思います。したがって早めに出たことで先に為替の調整が入っている為替と見れば、依然米ドルの円高・ドル安局面は注目だと思っています。当面121円待ち、できれば120円、119円、117円を期待していましたが、そこまであるでしょうか。いつも円高は海外時間で、日本時間では手当ができません。今回の円高の行方はどうなるでしょうか。
 私が危惧しているのは、「円資産が心配。米ドル資産が心配」と不安を煽り、煽られ、取らなくても良いリスクを取らされて、振り回される人が増えることです。「円も大丈夫。米ドルも大丈夫。だけど万一のための分散投資」が基本です。

 
2007年07月20日
要注意なのは中国の高成長の行方よりも!!
 世界の工場であり、世界の消費地として期待される中国の1−6月期国内総生産(GDP)成長率(実質ベース)は前年同期比で11.9%増。5年連続の二桁成長が見込まれ、中国政府は景気の過熱を防ぐため金融引き締めを検討しているとのことです。深刻なのは、不動産や株式などのバブル化以上に、肉類などの食品価格まで上昇していること。中国政府は消費者物価の上昇率を3%以下に抑えることを目標にしていましたが、1−6月で3.2%上昇、6月単月では4.4%に跳ね上がりました。高級品・贅沢品の価格上昇は買わなければ済むことですが、生活に必要なエネルギー価格や食品価格の上昇は直接国民生活に影響します。

 エネルギー価格、食品価格の上昇は中国など新興国だけの問題ではありません。我々の身近ですでに起きていますし、1昨日の米国議会では米国FRB議長バーナンキ氏が「エネルギーと食品の価格が上昇しているのは好ましくない」と語り、景気の減速だけではなく物価上昇も警戒する立場を強調しました。
 ブラジルの国民はスーパーで大量に食料品などを買い込み、たくさんのビニ袋を用意し、それを小分けして買いだめするそうです。以前超ハイパーインフレの時代に「午前中にあったものが午後には品切れしたり、値段が高く訂正されている」事態に身につけた消費行動が今も残っているそうです。こうなると、お金よりもものの確保が優先されます。まさにインフレ。

 特に日本のように資源を他の国に頼りっぱなし、肝心の通貨円の価値は下がりっぱなしで、国民が憂いて円以外の通貨を持とうとしている状況に、関心無さげの政府・日銀。
今回の新潟中越沖地震で部品供給に支障が出て車の生産がおぼつかない、危うい状況は、全ての資源を海外まかせ、通貨の価値も市場任せにしている、近未来の日本の状況かもしれません。海外からの資源調達の道が閉ざされたら、円安が行き過ぎ円の価値が減価し海外の物資調達に支障が出たら、という万一の日本の備えは十分なのでしょうか。それとも、インフレへの備えは国民一人一人の自己責任?個人的にはインフレが発生する前に、個人消費や設備投資に陰りが出て、インフレが長く続く事態には至らないと思いますが、インフレ懸念を生じさせる土壌に、特別手だてもせず、ただ流して見てきたとしたら、政府・日銀の無策を責められても仕方ないと思います。
 

 
24件中(1件〜10件を表示しています)   前   |