2009年06月30日
個人向け国債に目をつけた大和・・!!
 詳細はわかりませんが、本日の日経記事に「個人向け国債 取引市場新設 大和、9月にも」とありました。大和証券は個人投資家が国債を取引するための市場開設を行い、私設取引システムを使って大和の顧客が変動金利型10年個人向け国債をいつでも売買できるようにするとのことです。

 そもそも個人向け国債は償還まで持ちきることを前提に購入された方が大半でしょうし、2年保有すれば元本での買い取りが保証されているので、実際この仕組みがあっても利用される投資家はほとんどいないと思います。そういう意味では、システムの投資倒れで大和証券にとって収益のメリットはなさそうです。しかし、個人向け国債を保有している個人投資家に大和証券がうまく需要喚起をはかれば、投資家にとってありがたいサービスになると私は直感しました。

 個人投資家にとって、「売り・解約・換金」は本当にストレスを感じる行為なのです。個人向け国債を換金するケースが少ないのは、その必要性があまりないという理由が多いのでしょうが、「換金する手続きが面倒くさい」、「換金するときはどんな手続きを踏んだらよいかわからない」という方がほとんどだからだと私は思います。
 したがって、「おそらく換金することはないけど、いざというときに面倒くさくないところに預けていたい」という潜在的なニーズはかなりあると思います。そこにニーズを感じ、大和証券があえて切り込んでいったとしたら、おもしろい試みでしょう。
 ここでのポイントは、この仕組みは大和の顧客にならないと利用できないと言うところです。つまり、この仕組みをよしとした個人投資家は、他の金融機関から大和証券に個人向け国債の残高を移すことになります。個人向け国債を案内して、購入してもらった顧客を放ったらかしにしている担当者の方、残を大和証券に移されかねませんよ。
 しかし、そのせっかくの仕組み作りも、大和の現場にどれほど浸透していくのでしょうか?
大和証券の考え方は斬新でよいのですが、その中で形になるものが少ないのが玉にキズなんですよね。

 いよいよ7月相場も楽しみになってきました。政局のゴタゴタにうんざりではありますが、「麻生総理には解散を決断する余力はもはやない」を前提に、淡々と政権交代の期待は高まっていきます。一方、政権与党として本当に立つ覚悟があるのか」と民主党の変わり映えのなさにも有権者の憤りが高まっています。こうした政局の緊張感の高まりは、今後に悪いエネルギーにはならないと私は思います。

 
2009年06月28日
インデックスファンドとETFを一緒に考えて良いのかなあ??
 私がずっと疑問に思っているのは、「いま流行りのETFをインデックスファンドと同じものと考えて良いのかなあ」ということです。インデックスファンドは市場平均に投資するもの。インデックスファンドに投資することで、日本株式全体に投資するのと、世界の株式全体に投資するのと、変わらない効果がある。「個別銘柄の投資は無理」という人にも、株式投資の道を開く有効な選択肢です。

 アクティブ型ファンドはそのインデックスファンドの成績を上回る実績を上げることを宣言しているのですが、過去の実績ではインデックスファンドの成績を上回る実績を残せたアクティブ型ファンドは多くて半分、通常は3分の一に満たないことが多いという統計が残っています。そして、その理由のひとつにアクティブ型ファンドの信託報酬など手数料がインデックスファンドよりも高いということが上げられています。

 そこでインデックスファンドと同じように市場平均に連動し、しかもアクティブ型ファンドよりもコストが低いインデックスファンドよりも、さらにコストが低い投資信託としてETFが注目されています。
なぜコストが低く抑えられているのか。それはアクティブ型ファンドやインデックスファンドのように販売金融会社に対する手数料を落とさない仕組みなっていること、そして投資家の売買に際して、その都度有価証券の売買が発生しないので、余計なコストがかからないですむことが上げられる。

 三菱UFJ投信が三菱グループ企業の株式で運用するETFを上場させるらしい。この三菱グループ企業の株式に投資することが日本株全体に投資するのと同じ事なのだろうか。もしかしたら、日本株全体に投資するよりも、三菱グループ企業の株式に投資した方が日本株全体に投資するよりも効率がよいということか。だとすれば、このETFはアクティブ型ファンドと何が違うのだろうか。
 「ETFは市場平均に投資するもの。コストの安いもの。投資初心者にも安心して取り組める人気の金融商品」。そんなふうに、投資家に対して刷り込みが行き過ぎていて、将来のミスリードの芽があるように危惧しています。

 本来投資家が求めているETF像は、日本株で言えば、「日経平均株価指数」や「TOPIX」に代わり、もっと市場全体に投資する指標として適したものがないのかということだと考えます。
ETFの仕組みを利用したアクティブ型ファンドは、その趣旨を明確に投資家に対して説明すべきではないでしょうか。

 
2009年06月27日
「うまい話」があなたを狙っている??
 「なんかうまい話はないかなあ」という気持ちを知ってか知らずか。バブルの最中だけではなく、現在のような「自分はうまくいってないけど、うまくやっている人がいるみたい」というムードになってくると、どこからともなく「うまい話」がやってきます。

 バブルの最中はたくさん、「中東の不動産割安でっせ〜」、「タイはどうでっか〜」、「ゴールドコーストは当たり前すぎてつまらないですか〜」、「とっておき!BRICsの不動産はどうですか〜」。
 「他では聞いたことがないでしょう。あなたを信頼するからこそ、紹介しているんですよ。あなただからです・・・」と、何度としか会ったことがない人が勧めてくれる。「あなたは私のドンだけのことを知っているのだろう」


 また「すんごい金融商品があるんです。過去の実績は国内の金融商品では考えられないほどの高利回りで、海外の富裕層では人気の金融商品です。それを当社で扱うことになりました。つきましては、顧客を紹介してくれるだけでかまいません。あとはすべて私たちが行います。お手間は取らせません。当社とパートナー契約を結びませんか」という案内が個別に来たり、ひどいのはダイレクトメールできたりします。

 そんなに実績があり、ブランドで一定の固定客をつかんでいるような金融商品であるなら、なぜ私のような、もしくはダイレクトメールでパートナーを探す必要があるのでしょうか?
「商品はいいけど、取り扱う金融会社に知名度がない」。
なんでそんな売れ筋商品を持つ海外企業がそんな国内で知名度の低いところをパートナーに選ぶのでしょうか?

 特に、話を聞いていてリスクの所在がはっきりせず、一見して「うまいだけの話」には注意が必要です。「なんでそんなうまい話があるのかなあ」と「なぜ??」という引っかかりが出たものについては即断してはだめですよ。
「なんでそんなうまい話に乗っかる人がいるんだろう」とだまされる人が多くなるのもこれからの時期です。

 
2009年06月26日
消極的な強気相場はまだ続く!!
 為替相場も、株式相場も、結局は週初と変わらない水準に戻ってきました。
今週もまた、「良いところで売って、安くなったら買おうと考えていたのに」と歯がゆく思っている方も多いのではないでしょうか。

 2009年3月期の業績について、「申し訳ない」と経営者が頭を下げる場面をよく見かけますが、それはもうすんでしまったこと。今後はどうなのか。
改善の見えない雇用環境に個人消費の落ち込みを懸念する見方がある一方で、「2月、3月ほどひどい状況にはならないだろう」という底を見た精神面での安定も見えてきました。
今後のセーフティネットの整備に期待がかかります。実際、ここまでの状態まで落ち込むと、個人の自助努力を後押しする政策支援は欠かせません。
 とても良好という状態とは言えませんが、「4-6月期は一息つけた」という様子の企業は増えたようですし、7-9月期に対する深刻な悲観論も少なくなってきたように感じます。

 海外を見ても、経済対策が切れ間無く行われている最中でもあり、大幅な失速が急に起こるようにも感じられません。やはり、「大きく下がることはなさそう」という消極的な強気相場はまだ続くと私は思います。

 
2009年06月25日
非常に地味な話題に見えるけど大事な話!!
 本日の日経記事に「個人向けの3年物国債 拡販へ毎月発行 財務省方針来年7月にも」という記事がありました。ほとんどの方には関心のない記事なのかもしれませんが、私には興味がある話題です。
 派手な個人向け社債の金利条件との比較で、既存の個人向け国債である10年変動金利型も5年固定金利型も売れ行きはさっぱり。利率・期間など条件比較がしやすい債券は、金利が低いと、たとえ少しの違いであってもぱったりと売れなくなってしまいます。

 そこで出番を待つのが3年物個人向け国債。既存の個人向け国債は3ヶ月ごとの発行ですが、これは毎月発行にするとのこと。3ヶ月ごとよりも毎月の方が個人には馴染みやすいですし、5年、10年だけよりも、3年という選択肢が増えた方が便利になります。個人向け国債ではないですが、すでに個人が購入できる2年普通国債もあり、個人が購入できる国債のラインナップとして、2年、3年、5年、10年の4種類の期間が用意されることになります。
 これにより個人投資家で「安全確実に増やす金融商品を探している」というニーズに応える基本形の提示が可能になることは非常に有意義なことだと私は思いました。

 特に銀行や郵貯銀行など金融機関は、「預貯金の取り扱いと合わせて個人向け国債をどのように活用させたら良いコラボとなるのか」を研究された方がよいと思います。
いずれまた、株に懲り、為替に懲り、信用リスクに懲り、個人向け国債が注目されるときが来ます。財務省が「個人に国債をたくさん買ってもらいたい」という思いの熱い今後しばらくは、個人に使い勝手の良い販売体制を意見具申して作っていくチャンスだと私は思いますが・・・。

 
2009年06月23日
久々の円高・株安場面です!!
 本日は久々の円高・株安場面で目先の底値がいくらになるかを予測する機会になりそうです。
米国、欧州市場の株式相場は終始軟調な地合で約3%の下げ。為替市場も、総じて円高。米ドルは95円目前、ユーロは132円を割り込み、豪ドルは74円台。
 それだけではありません。WTI原油価格は66ドル台で、金価格は920ドル割れ。

 ここまでの下げあれば、「投資を検討してみてもいいかなあ」という水準に届いた投資対象もチラホラ見えてきた水準になってきました。今回の下げは、たぶん大口の投資家による広範囲な利益確定の動きが入ったのではないでしょうか。
 こういうムードで上がっている相場ですから、こうした利益確定の動きが入って、調整場面が途中はいるような中休みがないと、かえって反動安が大きくなり投資家の懐を痛めてしまいます。
私は今回のような相場の調整はむしろ、急落を避けるための安全調節弁として必要だと考えます。

 ただ利益確定のタイミングに悩んでいる人であれば、何度でもこれから投資チャンスはありますから、売却の決心がついたものからはずして、「再びの投資チャンスを新たにつかめばいい」的な発想で決着をつけていくのも考え方だと私は思います。

 
2009年06月22日
「何も考えたくなかった」状態から抜け出したい方のヒントになれば!!
 私のところに相談にこられる人は、「このままではいけない。何かすべきことがあるかもしれない。どこから手をつけたらよいのかヒントがほしい」とか、現状をやっと受け止めることができて前向きな気持ちを取り戻しつつある人です。

 しかし多くの人はまだ現実を受け止めることができていない状態にあります。マネー雑誌の編集の方に「株式投資の特集記事に対する反応に変化が出てきましたか?」と尋ねると、前向きな感触はまだあまり感じたことがないということでした。
 これは私のクライアントの状況を見ても違和感はなく、こちらから前向きな提案をリードして行うことよりも、ご自身の前向きな姿勢があったら応えていくという対応が主になっています。

 しかし、たいていの人は「どうしたらよいか」に悩んでいて、今後の投資との向き合い方に無関心である人はほとんどいないはずです。したがって、「前向きに対処、対応してみようかな」と思える機会、きっかけが必要なのだと思います。それは、販売した金融機関の担当者のように直接関係した人ではなく、まったく第三者で、「そういう考え方もあるよね。で自分の場合は?」と、人の話だけど、自分に置き換えて考えることができる話が重宝なのだと思います。

 多くの投資家は今、完全な被害者になっています。何かを売りつけられるかもしれないセミナーや機会は、内容以前の段階でうんざりしています。

 こんな話をした後に取り上げるのに少々抵抗はありますが、来月の13日に群馬銀行主催の資産運用セミナーがあり、私が講師として「外債投資の本当の意味を伝えたい」というタイトルで話をさせていただく予定です。
 群馬銀行の担当の方からは「宣伝は全く入りません。自由に外債投資を行う意味についてしゃべっていただければいいです」と依頼を受けました。私も今回書いた趣旨に添って、今回参加される方が「外債投資を始めたばかりに不安になった」という状態から「外債投資はおもしろそう。こうしたら為替リスクとも上手に付き合っていけそう」と前向きな気持ちを取り戻していただけるような話ができたらと考えています。

 内容に興味のある方は「ぐんぎん資産運用セミナー」→「ぐんぎん夏のうれし〜キャンペーン」→「資産運用セミナーのご案内」をインターネットで検索してみてください。

 
2009年06月21日
7月も日本の株式相場は下がらない相場が続きそう!!
 円安基調が円高基調に転換していないことが大きな支えになっていると私は考えていますが、日本株式相場は結果6月も下がらない相場で終わりそうです。
日経平均株価で言えば、7021円で底をつけた3月も月初は7454円が月末は8109円。4月の月初8173円が月末は8828円。5月の月初が8848円が月末は9522円。そして今月6月月初は9517円で始まり、途中10170円をつけて現在9786円。4ヶ月連続、月末の値が月初の値を上回る堅調な相場が続いてきました。

 7月は都議選。いよいよ「解散選挙、政権交代なるか」というムードが日増しに高まってくるでしょう。国民は極度のフラストレーション状態にあり、現状打破を期待しています。
以前にも書きましたが、「解散選挙」の効果は別として、「解散選挙」自体は日本の株式相場にとっては買い材料だと思います。「日本のchange」を期待したムードが高まり、結果が出るまでは新規に売って儲けようとする人の数はさらに減ってくるのではないかと私は予想しています。

 為替が円高基調に転換することがなければという条件付きではありますが、7月も日本の株式相場は「下がらない相場」が続くのではないでしょうか。

 
2009年06月20日
あえて誤解を恐れず言えば・・・!!
 私は預貯金の低金利に不満を思っている人で、何か預貯金に代わる金融商品はないかと探している人には、やるやらないは別にして、債券投資の手段を知ってもらうことでマイナスになることはまったくなく、世の中に債券投資を知らなくて損をしている人がたくさんいると考えています。
そのため、最近の個人向け社債人気は債券投資への理解が深まる機会として喜んでいます。

 しかし昨日の会話の中に、「○○さんは、社債と定期預金を一緒にするなんてけしからん。よく債券を理解せず適当なことを言っている」と憤慨しているという話を聞きました。その○○さんというのは、運用の道では有名な人のようですが・・・。

 誤解を恐れず申し上げれば、投資の話を専門にする人で、もちろんその中で債券の位置も理解している人が「定期預金と社債は違うもの」と切って捨てるコメントをすることが投資家を救うことにつながるのでしょうか。
 預貯金の低金利に悩み投資を考えている人にとっては、「定期預金と社債にはどんな点が似通っていて、どんな点が異なり、どんな注意すべき点があるだろうか」と、その後につながる流れを作り出していくべきだと考えます。

 必要以上に「債券は株式と同じ有価証券でリスク商品である。償還途中で売却する場合は、投資環境により損が発生することがある」と強調し過ぎるため、いつまでたっても、預貯金者にとって債券投資は「難しいもの」、「自分たちには縁遠い」商品という印象がつきまとっています。

 債券。国債や社債。誰もが一番馴染んでいる預貯金の性質に近い金融商品であるはずの債券が難しい商品であるのであれば、なんで、もっと投資経験や知識が必要とする株式投資などにいきなり飛び込んでOKなのだろうか。

 債券を知った上で「その程度のリターンでは物足りないから株式投資にする」と株式投資に飛び込んでいるなら自己責任で仕方ありません。しかし「債券投資を知っていれば、あえて株式投資をせず、こんなに大きな損をしなくてすんだのに」という人の後が絶えないのは、債券投資を正しい理解で利用してもらおうと時間をかけ丁寧に説明する人がほとんどいなくて、「債券は有価証券であり預貯金とは違う」とバサッと切って捨てて終わりにする人が多かったからです。

「またそんな言い方をする人がいる。確かに言っていることは正しいよ。だけど、それは誰に対してためになる言葉?」と憤りさえ感じます。「貯蓄から投資へ」の流れで「預貯金から株式へ」と向かう前に、「預貯金から債券、債券から株式へ」と債券投資をワンクッションに入れた方が良いと多くの人が思うはずです。「債券と預貯金は別物」。その後の言葉が大事なのだと思います。

 
2009年06月19日
債券投資を身近に感じてもらうチャンスが、・・来た〜♪♪
 最近、個人向け社債のことが話題になることが増えてきてうれしく思っています。
今回の金融危機に伴う相場の暴落で、「貯蓄から投資へ」と誘われた預金者の多くが大変ご苦労な体験をされています。これまでの相場暴落であったら「こんなに損をすることもなかっただろう」投資経験の浅い人が、預金に近い感覚で大金を投資マネーにつぎ込んでしまった結果です。

 多かれ少なかれ過去の反省の元、円建てで確定利回り商品である個人向け社債がかつてなかったほど預金者の注目を集めることになりそうな気配になってきました。個人的には、債券投資を多くの人が身近に感じていただく機会が来たようでうれしく思っています。

 債券の利回りが魅力的な水準まで上昇してきたのは、信用リスクを意識する人が増えてきたからです。これは人にお金を貸すときに当たり前に払う注意ですよね。
「この人にお金を貸して戻ってくるだろうか。どのぐらいの期間だったら確実に回収できるのか。それに見合った金利水準はいくらが適当なのか」。普通相手を見て考えるのが当たり前です。
それがバブル当時はみんな「貸したお金は返ってくるものだ」と信じ込んで疑いませんでした。
そういう意味では、今の環境の方がまともになってきたということだと思います。

 よく「社債をどんなふうに選んだらよいか」と聞かれます。元利金返済の確実さのモノサシには「格付け」があります。すっかり信用を失ってしまいましたが、せっかくのモノサシですから、参考にしない手は無いと思います。次に期間で、どのくらいの期間であれば安心してお金を貸せるかの見込みを立てること。そして、発行体で内容がわからないところは選ばないこと。

 債券投資の良さは、ただ償還まで保有すれば、株式投資のように手入れや専門知識もいらず、当初の目的が実現できる気楽さです。したがって、償還まで安心して持てるものであることが大原則です。途中で「この債券は持っていても大丈夫かなあ」と不安になるものをわざわざ選ばないことです。そのためのモノサシとして「格付け」、「残存期間」、「発行体の内容」を組み合わせて検討するのが適当だと私は考えています。

 それから株式投資のために準備しているお金を「リスクはこりごり」とすべて債券投資に持って行くのはお勧めしません。株価が割安になったときに「投資チャンスを逃してしまう」とストレスを抱えてしまうことになりかねないからです。配分は検討したうえで決めましょう。
 お勧めは債券投資をベースにして、株式相場の良いときから「株式相場が急落したら債券投資に振り向けている額のこれぐらいは株式投資に回そう」とあらかじめ考えておくことです。

 
24件中(1件〜10件を表示しています)   前   |