2010年01月26日
日本株式は下落、為替相場は円高に・・・!!
 日経平均株価は結局本日の安値近辺の1万325円まで下落し、アジア株式も総崩れ、為替相場も終日円高圏で推移しました。
 投資のチャンスと思って相場の動きを前向きに考えていた人であっても、居心地の悪い展開に感じていたと思います。個人的には、2月の月初を過ぎるまでは「株高にも株安にもならない。円安にも円高にもならない」動かない相場展開が続くと思います。
 「株価は下げているじゃんか」とか「円高に振れているじゃんか」という人もいると思いますが、それは一時的なもので、すぐに元に戻ってしまうと私は考えています。だけど、戻ったとしても、さらにウキウキするほどの円安や株高になる展開にはならないと思うのです。

 したがって、「この程度の水準まで戻れば利益確定しておくか」とか「この程度の水準まで下がったら少し投資してみるか」とか、自分の資産内容の模様替えを検討しても良い時期だと思います。
振り返れば、現在の水準の日本株式は割高ではありませんし、為替は円安水準ではないと考えます。春を迎える前の準備をするのに、良い機会にあると私は思いますが・・・。