2010年03月24日
すごいねえ、任天堂!裸眼で3Dゲームなんて・・・
 本日の日経で「携帯ゲームDS 眼鏡なしで3D 任天堂、10年度に後継機」という記事がありました。眼鏡なしでも3次元映像でゲームを楽しめる携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)を2010年度中に日米欧で発売すると発表したという記事がありました。

 世間で3Dテレビ元年と騒がれていましたが、私はどうもピンと来ませんでした。液晶・薄型テレビが売れ行きが好調になったのは、地デジ開始を前にして、液晶・薄型テレビが量産され価格が手ごろになりテレビの買い換えが進んだ結果だと私は認識しており、「良いものだったら高くても買う」というムードにはほど遠いと思います。したがって、「3Dであれば価格が高くても欲しい」というニーズは、新しもの好きの人に限定され、価格が十分手頃になるまでは普及は難しいと感じています。

 ただし、ゲームは違います。モノクロよりもカラーのほうが良いし、動きがぎこちないよりもスムーズな方が良いし、動画は平面的よりも立体的な方が良いはずです。後は価格との相談ですが、ゲームマニアであれば、「多少高いなあ」程度であれば、ニーズは高いと思います。
ゲームマニアはいますが、テレビ受信機マニアはそんなにいるとは思えません。

 「3Dでどんなゲームの世界を楽しませてくれるのか」任天堂に期待します。