2010年03月31日
個別銘柄の物色が活発に!!
 何やら日本株相場は「もう一段の発射につながるか」という段階にあり、値上がり上位の銘柄の顔ぶれを見ると、昔懐かしい材料株であったり、企業名を聞いてもピンと来ない新興企業株であったり、物色の対象に広がりが見えます。このまま煮詰まってしまい天井を迎えてしまう可能性はもちろんなしとしませんが、私はもう一段の発射への過程だと認識しています。したがって、銘柄は「上値の目安が立てやすく、値動きに土地勘がある、馴染みの株式」の中から選んだ方がストレスが少なくてよいと思います。
 新規投資の場合は、「買った途端に下がるのが当たり前」と目先の下げには気にとめず、「もっと安く買える機会があるはず」と下がれば追加投資という二段構えで準備しておいた方がいいですね。「そんな余裕は私にはない」という人には、ここからの株式投資は余り勧められません。そんな人には、為替リスクを取る外貨投資の検討をお勧めします。

 今回のゴタゴタした郵貯限度額引き上げ問題で一番男を下げたのは鳩山首相ですね。「あんな言葉に重みがない人・・・」と多くの国民はがっかりしたのではないでしょうか。それと、結果「言いたいことも言えず口ごもりモゴモゴしている民主党」へのがっかりが、より鮮明になってきました。