2010年08月31日
これからが正念場、本気度が問われる政府・日銀!!
 「やるぞ、やるぞ。すごいことやるぞ」と長らく待たせられた市場を納得させるような内容などあるわけがない。想定の範囲内の内容だったと当面の材料出尽くしで売られるのは仕方ないことです。
必要以上に待たせてしまった市場の報いです。

 本日、日銀は臨時の金融政策決定会合を開き、追加の金融緩和策を決定しましたが、市場は当たり前の内容であったと期待された円安・株高の効果は余り出ませんでした。何度も申し上げますが、この結果は仕方ないことでした。ここまで市場の期待を引っ張りすぎた対応のまずさによるものです。そして、これからが本番であり、正念場で、政府・日銀の「断固たる決意」の本気度が問われ試される大事なときです。

 多くの専門家は「やったところで効果は知れている。長続きしない。感情に走った行為」と評価を受ける単独為替介入。民主党政権は素人集団。だから無茶しても許されちゃうはず。
是非、是非、「日本政府は無茶なことするなあ。回りのことを考えない配慮に欠けた行為だ」と言われるぐらい徹底的な、普通の国が呆れるほど、「やってみただけー」というものではなく、断固たる為替介入を行ってもらいたいと個人的には期待している。
 政権与党になっちゃた途端に「なんでもできる」から「なんにもできない」民主党となり、かなり実現は難しいことではありますが、素人の民主党政権だからこそ期待したい。自民党政権では出来なかったと思います。

 そうすれば、すぐさま円安・株高の動きに転換するとは思いませんが、ここからの円高を見るには「日本政府が円の水準をどう考えるのか」と日本の意志をはかるため、政府の動きを注視する動きになるでしょう。これは当たり前のことですね。自国通貨の水準に国家の意思があるのは。

 「日本の円は妥当ですか」と日本政府が市場に尋ねて水準を確認して、「よし」と言われた水準を受け入れる繰り返し。これっておかしな話だと思います。

 まず日本として意思ある水準を確固として持ち、「それは高い」と言われたら「なぜ高い」と聞き返し、「それは安い」と言われたら「なぜ安い」と聞き返す。まず自国通貨の価値判断は周りの人に言われるまでもなく、自分が一番知っている自負と責任がないと通貨の安定を約束する役目を果たすことはできないと思うのですが・・・。「自国通貨の価値を人任せにしない」、当たり前の権利を少し取り戻す機会になればと願っています。
 このままでは、アジア通貨の中でも円はマイナーな通貨になりかねません。ここで、あれだけの大口を叩いた政府に、この正念場でのバカ力を期待させてください。お願いします。