2011年01月31日
買い場を探る人にはチャンス、仕込みが終わった人は一休み!!
 本日の日本株式相場は大方の予想通り大きく下落して始まり、日経平均株価は10200円を割り込む場面もありました。しかし、ここは慌てず、騒がず。買い場を探る人にはチャンス、仕込みが終わった人は2月相場を楽しみにして一休みしましょう。
 「どこまで下落すると思って、慌てて売っているのだろう??」と第三者の目で冷静に考えれば、さほどの下があるようには思えない人が大半なのではないでしょうか。

 買い物弱者、病院難民、保育園難民、そして私がよく見かける投資難民。
こうした状況に陥っている人が求めているのは、手数料、費用、コストが安いことではなく、手軽に不自由なく買い物ができること、通えること、預けられること、相談できること、それができる場所です。 「そりゃあ安いに越したことはない」のですが、それ以前に、そのインフラがないのでは、個人として途方に暮れてしまいます。

 昨日も情報交換する中で出てきた話に、「現状日本のひずみが大きくなりすぎて、いわゆる、儲けるという投資セミナーに人が集まりにくくなってきた。そんな儲けるなんて以前のことでの悩みが大きくなっていて、それを解決する道が見えないため、外に出て行く気力さえも奪われてしまっている人が増えている」とのこと。
 こういう過程にいったん入ると、一人でこの状態を抜け出していくのは難しくなっていきますね。
相談できる人が周りにいるのといないのとでは大違い。たとえ、そこに一言が無くても、自分から話をするだけで、頭の整理がついて、一歩を踏み出す機会になったりします。よい人から声をかけてもらうのをじっと待っていて、そういう人が実際現れるのは非常にまれな話。アクションを自ら起こしてみると、意外や身近に相談できる人がいたりします。今年を昨年よりもいい年にしていきましょう。