2006年05月27日
私は飛んで火に入る夏の虫?!
 株式投資セミナーの最後の、講師の「こんなんでました」というご託宣の推奨銘柄だけを聞きたくて来る人がいます。
 マネー紙の袋とじの中味だけが知りたくて買う人もいます。
 バブル時代には、必ず「今日の急騰銘柄をこっそり教えます」という耳寄り情報が流行ります。しかし相場が終了し宴の後は、株式投資セミナーは閑古鳥、耳寄り情報はうさん臭く感じるようになります。つまり、こうした内容は「自分で投資する力」を高める助けにはならないという投資家の評価の現れではないでしょうか。
 投資で難しいのは、安いところで買えても、それよりも高いところで売らないと利益にならないことです。株式は持つと、上がればいつ売ったらよいのか、下がればどこまで下がるのか、常に不安になります。買う勇気よりも、どのようにその後の株価変動とつきあうかという心理コントロールの方が大事です。それには「何故今この銘柄を買うのか」を自分で決めて取り組まないと、もっと難しい売りの決断をすることはできないでしょう。「難しいことはわからないから答えだけ聞かせて」という人が大事な人であるほど、「そんなに慌てること無いよ」と私は丁重にお断りします。
 「わからないから答えだけ聞かせて」というタイプの人は株式投資に取り組むのは時期尚早。「私に任せたら安心です」という無責任男(とは限らないか)のイイカモにされますよ。