2008年08月27日
きな臭い雰囲気になってきました!!
 株価が大きく下げ、不動産価値が下落して、押し目を期待していた投資家さえも、買いを様子見るようになる。そんな景気停滞、低迷色が強くなってくると、割高まで買われるバブル相場は彼方に追いやられ、一方、新興国では国内政治の無策を責める国民の不満をガス抜きするために、政府はあの手、この手と、国民の目線をそらす手だてを打ってきます。国内の不満エネルギーを、海外に共通の敵を作り、一致団結を図る。なにやら、きな臭い雰囲気になってきました。

 こういうときは、資産を守り増やすために「何が儲かるのか」という視点ではなく、「何が割安か」という視点が大事で、「割高の疑いがあるもの」、「わからないもの・理解できないもの」は投資対象から外して考えた方が良い時期だと思います。何度も申し上げます。Simple is Best
預貯金よりも確実にリターンアップを期待できるものを順々に積み上げていき、自分にあった投資スタイルを見つけていきましょう。「えい、やっ!」という一足飛びのチャレンジをする人は、もはや少なくなっているとは思いますが、これは無謀です。かといって、ただ体をすくめて丸まっているのも、もったいない環境です。いつでも飛び出せるように、日頃の準備をしないよりも、しておいた方がよいと思います。